一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

J-SOL3に参加した翌日、帰りの飛行機は夕方だったため、それまでの間、銀座周辺を散策。

前日に、銀座に事務所があるアクションラーニングの師匠であるU社長に電話をしてみたところ、

お昼頃は時間がとれるということになり...

今日のお昼は、U社長とランチミーティング。

しかも、おごっていただいたわけで...

しかもこんな豪華和食ランチを!





おいしくないわけがない... しかもお店の雰囲気が上品で、やっぱ銀座のランチはちがう!

U社長、ありがとうございました!


U社長のホームページとブログです。
     ↓  ↓  ↓
株式会社アップライトラーニング
上野昭代の社長見聞録





ホワイトデーはなぜか大阪にいます。

もちろん勉強しに来たわけで...

アクションラーニングの師匠である田渕峰子先生の勉強会に参加。

とても有意義な時間を過ごしました。

今回セッションで採り上げられた問題は、『社長の二者択一の選択』そして『父親の娘への思い』という、これまで私が体験したことのないものであり...

問題提起者が持っている、先入観、思い込み、といったいわゆるメンタルモデルが質問によって少しずつ、溶かされていっている...といった感覚をおぼえました。

私たちの仕事は日々専門化が進み、それがゆえに、1つの枠組みの中だけで問題や課題を解決しがちであるわけで、

そこで必要なのは、多様性や、新鮮さ、であるということを再認識したセッションでした。

もちろん楽しい夜の部もあり...


    <田渕先生とお世話になった皆さま>


本日出会った皆さま、たいへんお世話になりました。

で、夜の部は1次会でお先に失礼し、その後私は京都へ向かったのです。

つづく。

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!ジョギング

本日は、福祉・医療「学習する組織」研究会

9月の合宿から、はや2ヶ月が過ぎました。

今回集まっていただいたのは、福祉職の方々。

しかも、福祉に熱い方々ばかり。

アクションラーニングのセッションにおいても、熱い質問が飛び交いました。



今回提起された問題は、

現場サービスにおける、支援体制の再構築にかかわる問題。

問題を提起していただいた方からすると、

自分が持っているメンタルモデル(思考のクセ)の枠組みを超えた、

メンバーからの省察的な質問により、

はっ!と何かに気づき、

ああそうか、そういう視点もあったのか!

という思いにかられるわけであり、

それこそが、アクションラーニングの醍醐味であるわけで...

今回は、ALコーチとしては、

メンバーの皆さん、いつの間にか巧みな質問をされるようになったなぁ〜

と、安心して見ていられたわけで...

とても素晴らしいセッションでした。

皆さん、どうもお疲れさまでした。


PS.
アクションラーニングとは何だろうって思われた方にお薦め本

質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?
質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?


人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!ジョギング

アクションラーニングについて書かれた書籍っていうのが...

これまで専門的で、硬めものしかなかったわけですが、

とうとう出ました!アクションラーニング手法のやさしい解説本。

日本アクションラーニング協会の清宮さんが書かれた、

「チーム脳にスイッチを入れる!質問会議〜なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?〜」

です!

質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?
質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?
清宮 普美代

質問会議とは清宮さんの造語だそうですが、なるほど...アクションラーニングは質問をするだけで、自分から意見を言ってはいけないというルールがあるので、確かに日本語に言い換えると、質問会議であると言えますね。

当ブログでも、度々出てくるアクションラーニングって何だろうって思っておられる方にお薦めです。


人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!ジョギング

本日は大阪にて、マイン・コンサルタンツさん主催のアクションラーニング勉強会に参加しました。

今回は、当ブログがきっかけで、ALの存在を知り、GIALにてALコーチ養成コースを修了されたNさんとお逢いすることができました。

会計の専門家でもあり、福祉現場でも経営的なお仕事をしてこられたNさんからは、たいへん貴重なお話をお聞かせいただき、とても勉強になりました。本当に感謝感謝です。

でもでも... こむらブログ → ALを知る → ALコーチ だなんて...

このような出逢いは、つながりというものを再認識させられます。

誰かの思考や行動は、逢ったことのない遠く離れた誰かに作用するということですね。

日々、勝手なことを書いている当ブログですが、できればプラスの作用として、多くの方々につながっていくことを願うばかりです。

で、お話は勉強会に戻ります。

いつもながらですが、勉強会では、向上心あふれる方々とのセッションを体験させていただきました。

しかも今回は1回目はALコーチ、2回目は問題提起者を務めさせていただいたため、

もう、とにかく時間があっという間...

そして第2部(飲み会)では、いつもお世話になっている勉強会主催のT先生をはじめ、ベテランコンサルタントALC同期のYさん、P社の人材育成幹部のSさん、そして会社経営者であるMさんに仕事上の悩みを聞いていただいたりで...

充実した楽しい1日でした。

で、今回は私の高速バスの時間まで、第3部としてSさんにおつきあいをいただきました。お忙しいところ(いや、忙しそうには見えなかったな...)たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

皆さま、またお逢いしましょう!

で、こちらがP社のマジックおじさんことSさんです!




がんばれ〜!上がれ〜! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

出張2日目(11月3日)のお話です。

今日はマイン・コンサルタンツさん主催のアクションラーニング勉強会に参加。

昨夜の焼酎深酒で... 少し二日酔い気味... でも不思議なことに何だか気力が充実してるなぁ... という感覚。

そうそうそう... この感覚...

私の場合、この感覚のときは、直感力が研ぎ澄まされるんですよ。

最近、めったに来ないんだけれど... 今日は久しぶりに来た!! という感じ。

案の定...

東梅田駅周辺の地下街を歩いていて、ふと目薬が買いたくなって...

薬局ないかな〜、と思ってると、あっ、こっちかな、という感じの直感がきて...

見事!! 薬局〜!!

ということで目薬GET!!

で、ランチを済ました後、勉強会の会場がある関目高殿(カンモクコウデンではなく、セキメタカドノと読むそうです。)駅へ。

で、勉強会がはじまって、自己紹介的なお話の後...

「こむらさんALコーチやって下さいよ!」的なことになって...

いつもならば、ええええ!ほんとに〜!的になるところ...

気力が充実している本日の私としては...

やりましょう!(望むところっす)的な展開で...

で、セッションが回るわけです...

メンバーの思考が深く深く深くなり... 質問とこたえが飛び交って...

リフレクションはよい感じ...

問題の再定義で、少し腹筋に力が入って...

でも、行動計画で素晴らしい開放感!

実にスリリングな展開でしたが、学びの多いセッションでした。

で、2回目のセッション終了後、帰りの高速バスの時間まで、交流会に参加。

これが、ほんとに、とてもとても、素晴らしく、楽しい会で...

マイン・コンサルタンツ田渕さんのもとに集まる方々は、本当にあたたかい人ばかりで...

たまにしか参加しない私のたいしておもしろくもない話も、聴いていただいたりで...

しかも...

大阪の地理がまったくわかっていない私が、バス乗り場ってどっちへ行けば...的なお話をしたところ...

なんとご親切なことに...

バス乗り場までお送り下さったわけで...

本当にありがとうございました。

ぜひまたお逢いしましょう!


バス乗り場まで送って下さった方々。いいかんじで撮れました。




おかげさまで、上昇中!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!
JUGEMテーマ:日記・一般


以下、小村の勝手な定義です。

よりよく成長したい、変わりたいという意欲を持ち、それを主体的に実行し、まわりに好影響を与え、組織や社会に貢献し続ける人たちのことを、「学習する人々」と呼ぶことにします。

で、今回の出張で出逢った人たちは、まさに学習する人々でした。

今回は出張初日11月2日のお話。

朝6時45分発の高速バスに乗り込んで、向かうは神戸。

アジアアクションラーニングフォーラム2007に参加しました。

会場は衂抻離璽蹈奪ス総合教育研究所の研修施設、スペースアルファ神戸。

これがまた、さすが富士ゼロックスさん。素晴らしい環境のホテルのような研修施設で、高速バスで爆睡し、寝ぼけていた脳が、一瞬で蘇ったのでありました。

さらに、驚くべきことに...

会場の研修室では、英語、英語、英語、が飛び交っているわけですよ...

私が座った席の後ろでは、あれれ、隣同士ず〜と英語でしゃべってるわけですね...

というのも、これからはじまるのは、Dr.マーコード※の基調講演なのです。

※マイケル・J・マーコード
ジョージワシントン大学 人間・組織学教授
WIAL 世界アクションラーニング機構会長

講演テーマは「Leading with Question 質問がもたらすリーダーシップ」 。通訳が入るので、もちろん私にも理解できるわけです。

Dr.マーコード曰く、
「かつての安定した状況において、リーダーたちに役立ったことが、現在の複雑さと変化の速さによって、役立たなくなってしまった。今日の問題の解決に必要なのは、質問のスキルである。
人は、振り返りをすることなしで、学習することは出来ない。振り返りは、振り返えるための質問をしなければできない。優れた質問こそ学習を生み出すのである。」

そして私が最も印象に残った言葉

「最も重要な個人の学習とは、よい質問をした結果である」

アクションラーニングのセッションを体験したことのある方は、質問の重要性をご理解いただけるでしょうし、この言葉の意味もわかっていただけると思います。

まさにまさに、質問のスキルが重要です。

Dr.マーコードのお話を生で聴くことができて、神戸まで来た甲斐がありました。

私の隣席の(マジックが得意な)S氏は、かつてDr.マーコードと名刺交換をしたことがあるとのことで... そんな勇気のない小心者の私は遠目に写メするのが精一杯でした。




で、その後、昼食休憩では、フォーラム参加者の方々と名刺交換などなど...

JIALのS女史を通じてご紹介いただいたのは、私と同じく非営利団体関連、主に教育機関にアクションラーニングを導入されている方々で... 有名なN大学やT大学では、ALが導入されつつあるようで... ちなみに私は四国の社会福祉法人の組織開発のためにALを導入しつつあります...的なお話をさせていただき...

で、そうこうしていると、ALコーチ養成コースで同期だった方々と再会したわけで...

久しぶりに逢っても、一瞬で打ち解けてしまうところが、ALつながりの特徴ですね。

特にMさんは、なんと本を出版されました!! 基礎講座からご一緒させていただいていたMさんからは、本当にいろんなことを学ばせていただきました。しかも私は、Mさんの所属する会社の社長さんのことを秘かにとても尊敬しているわけで...

というわけで超お薦め本です!!

どうすれば役所は変われるのか―スコラ式風土改革
どうすれば役所は変われるのか―スコラ式風土改革
元吉 由紀子


Mさん(=元吉由紀子さん)がこれまでに実践してこられた組織変革、しかもお役所という、最も変わることが困難な組織の変革を実体験に基づいて記されておられます。

組織風土を変えたいけれど... でもどうすれば... とお悩みの方(お役所勤めじゃなくても)にお薦めです。


というわけで、次回学習する人々供塀伉テ記)をご期待下さい!


おかげさまで、上昇中!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

9月に開催予定だったアクションラーニング体験勉強会。

日程調整が難しく、すっかりのびのびになっていました。

で、本日無事、第7回アクションラーニング体験勉強会を開催することができました!

今回も様々な立場の、福祉・医療関係のお仕事をされている方々にお集まりいただきました。

そして、すばらしいことに、初参加の方が3名!!

アクションラーニング手法は、グローバル企業である、ボーイング社、シェル社、サムスン電子、トヨタ自動車、などで導入されているわけですが...

ALセッション体験者は、こうやって四国でも、地味だけれども少しずつ増加しているわけです。

初参加の方々は、最初、質問とその質問にこたえるだけという対話形式にとまどい...

セッション中に何10秒かの沈黙がながれることにとまどい...

ALコーチの介入と、リフレクションにとまどい....

そして次第に、問題提起者の内面が開示されることによって共感をおぼえ...

まるで自分の問題であるかのように、解決策を探そうと、深いレベルの思考に入って行きます。

そして、1時間があっという間に過ぎ去り、いつの間にか、問題解決のための行動計画が、具体的に決定されてしまうことに驚きをおぼえるわけです。


で、今回の勉強会の内容ですが...

セッションを実施する前に、いつものように学習する組織(ラーニング・オーガニゼーション)についてお話をさせていただきました。

学習とは何か、そして組織が学習する とはどういう意味か、というかんじのお話です。


そしてセッションは、いつものように2回です。

1回目のセッションでは、「職場チーム内の情報共有及び教育に関する問題」

2回目のセッションでは、「部門を横断する職種チームのコミュニケーションに関する問題」が提起されました。

そしてセッションの結果として、すばらしい行動計画が生み出されました。

ご参加下さった皆さま、たいへんおつかれさまでした。

年内にもう1回、開催しますので、どうぞよろしくお願いいたします楽しい


おかげさまで、上昇中!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

現在、組織開発コンサルティング進行中のクライアントさん(福祉施設)で、今日はアクションラーニング(以下AL)のセッションを実施しました。

ご参加下さったメンバーの皆さんは、ALセッション初参加です。

最優先で解決策を見い出すべき、とても重要な、ある問題を採り上げて、セッションはまわりはじめました。

当初、「質問と質問にこたえるだけ」というALのルールに...

そして、

沈黙が続いても、その沈黙を容認し、何も言わないALコーチの姿に...

メンバーは戸惑いながらも、深い思考の渦に入っていきます。

問題提起者は、思いもよらない違う視点による質問や、省察的な質問を受けることによって、普段気づいていない想定や思い込み(=メンタルモデル)を自覚していくことになります。

他のメンバーは、まるで自分が問題提起者であるかのように、問題を深く受け止め、解決に向けて思考をはたらかせます。

このような場を維持していくことによって...

問題提起者の頭の中に、「あっ、そうか、そういうことか!!」という気づき(マインドフルネス)が生じるわけです。

今回ももちろん、すばらしい気づきが生まれたようで、それらは具体的な期限付きの実行計画として1つのかたちとなり、問題解決の突破口となります。

所要時間1時間20分(少し長めです...)。メンバーの皆さんおつかれさまでした。


AL手法は今や、世界的な有名企業が導入しています。

でも、こうやって四国の福祉施設でもセッションはまわっているわけで...

そう考えると...

地球って狭いですよね。


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

今日は七夕ですね。

といっても特にロマンティックな出来事はありません。

ただ...

第6回アクションラーニング体験勉強会を実施いたしました!!

今回は初参加の方がお1人。ということで、ALセッション体験者は少しずつ増加中です。

で、今回も、これまでのセッションにおいて生み出された行動計画気づきによって、組織づくり、人づくりが順調にすすんでいるという報告、そしてセッションがきっかけになって、新しい事業展開が進行中であるというすばらしい報告を受けることが出来ました。

最近では、

「大規模法人化」や「財務的な利益を追求する」といった経済合理性を重視した最近の福祉業界のいやな風潮を耳にすることが多くなりました。

しかし、そのような風潮に流されることなく、

私たちは内省し、俯瞰し、自分たちの存在意義を見つめなおし、信頼感を築き、望ましい将来像とは何かをみんなで一緒に考え、そして試行錯誤しながらも、着実によりよい方向へ進んで行く...

そういう活動こそ重要だと思います。

なので地味ですが、そんな活動のきっかけとなるべく、AL勉強会をこれからも実施していきます。


で、今回の勉強会の内容ですが...

セッションを実施する前に、いつものように学習する組織(ラーニング・オーガニゼーション)についてお話をさせていただきました。

学習する組織の5つの学習領域のうち、

メンタルモデル
システム思考
自己マスタリー


については、これまでに何度かお話をさせていただきましたが、今回はこれらの復習と、

共有ビジョン

についてお話をさせていただきました。

そしてセッションは、いつものように2回です。

1回目のセッションでは、「重要度の高い仕事をするための時間をつくるには、どうすればよいか」について、

2回目のセッションでは、「制度改革が進む中、組織内の問題意識をいかに高めていくか」について、問題が提起されました。

そしてセッションの結果として、すばらしい行動計画が生み出されました。

ご参加下さった皆さま、たいへんおつかれさまでした。

今後も2ヶ月に1回のペースで勉強会を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします楽しい


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス・ローレンス,ジョゼ・モウリーニョ

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM