一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

四国はファシリテーションの不毛の地だそうです。

というのも、定例会やフォーラムを行っているFAJ(日本ファシリテーション協会)の支部は北から、

北海道支部
東京支部
中部支部
関西支部
九州支部

とあり、さらにスクエア、サロンとして、

広島スクエア
仙台サロン
富山サロン

が設立され、ファシリテーションの普及のための活発な活動がなされております。

というわけで、四国はどうなのさっ!

って私も常々思っていたのですが...

ついに、四国ファシリテーション研究会が設立されたとのことで...

おめでとうございます! 運営委員の皆さまには頭が下がります。


で、10/25に開催された第2回目の定例会に参加させていただきました。

今回のテーマは、話し合いのプロセスを見える化するというものでした。

これは、ホワイトボードや模造紙に、思考のプロセスを上手に整理してまとめるためには、どうすれば効果的かということを学ぶ試みです。

意見やアイデアをホワイトボードにうまくまとめて見える化すると、

ゝ掴世横道にそれにくい
途中で振り返りができる
9膂娵狙がしやすくなる

などの効果があります。

で、こちらがワークで私が書いたもの。




当ブログ読者の福祉・医療職の皆さまは、日々感じておられるはずです。

ああ... 会議出たくない!!!

そもそも、出たくない無駄な会議とは、

^娶対立ばかりでまとまらない会議
決まったことが実行されない会議
F団蠅凌佑琉娶ばかりがまかりとおる会議
ぅ▲ぅ妊△鮟个靴燭發里棒嫻い魏,敬佞韻蕕譴覯餤
ゾ綮覆寮盒気篌慢話が延々と続く会議

ですよね。 

なので、特に中間管理職の皆さまは、ファシリテーションのスキルをぜひ学んでいただいて、会議やミーティングを実りあるものに変えていただきたいと思います。

四国ファシリテーション研究会は、奇数月が松山、偶数月が高松で交互に勉強会が行われるそうです。

ちなみに次回は11月30日に松山で行われます。特別ゲストも来られるそうです。

四国の皆さま、ぜひご参加されてはいかがでしょうか?

というわけで、勉強会の後の交流会に参加させていただき、運営委員の皆さまと別れ際に写メ。



運営委員の皆さまたいへんお世話になりました。また参加しますのでどうぞよろしくお願いします。

四国ファシリテーション研究会についてのお問い合わせは、きたさんが運営されているブログ「ファシリテーション!in四国」までどうぞ。当ブログの右サイドlinksにリンクを貼らせていただきました。


人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!ジョギング

意識改革って言葉は耳にタコが出来るほど聞かされています。」

「意識改革の研修に参加すると、その時はなるほどなぁ〜頑張ろう!って思うんだけれど、1〜2週間もすれば、すっかり忘れてしまうのが常です。」

という声を、最近ではよく聞きます。

ごもっとも... まったくもって、ごもっともなご意見です。

では、この意識改革研修の効果を長続きさせるためには、一体どうすればいいんでしょうか?

それはもう、正に、チーム活動しかないと私は思っております!!

チーム活動って言われても... どうすれば...??

という声が聞こえてきそうなので、今日は本の紹介です。

著者は日本ファシリテーション協会のお偉方3人です。

とても分かりやすい表現で、具体的にチームのつくり方やチーム活動のノウハウが書かれています。オススメです!!


チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)
チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)
堀 公俊,加藤 彰,加留部 貴行


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

先日、ある福祉施設の職員さん(以下Aさん)からメールをいただきました。

こちらの施設さんには、ワークショップを何度かさせていただいたものの...

最近はすっかりご無沙汰しており、

あれれ... 組織の問題で何かあったのかな... 的な感じでメールを読んでみました。

ところが、予想外にこれがとても嬉しいメールだったわけで...

Aさんのご了解のもと、そのメールの内容を少しお話します。

以下メールの概要

小村さん おはようございます。

これまで、組織のしがらみや、法改正に左右されながらの日常の激務に追われる毎日でしたが、今日はよい報告です。

昨日、利用者家族意見交換会を開催し、私たちのミッション及びビジョンについて、参加者全員で意見を出しながら決めていくことが出来ました。

開所から利用いただいているご家族からは、
『 今までにない、リラックスした雰囲気の意見交換会で、よいお話し合いができました。自分の子供も、施設自体も成長しているんだなぁと感じました。 』

という感想をいただきました。

なんとも言えない気持ちが胸いっぱいに広がり、宿直明けの今朝は、久しぶりに空が青く見え、今日も1日頑張ろう!と希望あふれる朝をむかえることが出来ました。


私も、ここまで読んで、よかったなぁ〜ともらい泣き(泣いてないけど)的な感動をおぼえたわけですが...

では、なぜAさんは意見交換会をうまく進めることができたのでしょうか?

で、メールの続きです。

実は、意見交換会をする前に、どうやったら「ガチンコ勝負」的な会にならないで、リラックス出来て、みんなが意見を言い合える会にできるか、スタッフで作戦を練ったんです。

・机の配置、机上にお花等の飾りつけ
・飲み物、お菓子などは多めに、そしてセルフサービスで動きをもたせる
・新しい設備を利用者さんから家族の皆さんに説明
・事前に参加者のキーパーソンとも打ち合わせる

など、今回は頑張りました!!


というわけで、Aさん及び施設スタッフの皆さんは、誰に命令されるわけでなく、自発的、主体的なチームワークで、意見交換会の雰囲気づくりをデザインし、これまで、「ガチンコ的」であった会を、実りあるものに変えたわけです。

すばらしい!! お忙しい中、よく頑張りましたね拍手

まさにAさんたちは、ファシリテーションでいう、「場のデザインのスキル―場をつくり、つなげる」を実践されたわけです。

会議、ミーティング、話し合いなど... なかなかうまくいかないものですが...

少し工夫して、場づくりをしてみる...

すると、思わぬすばらしい結果が待っていたりします。


参考文献 堀公俊『ファシリテーション入門』日経文庫


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

27日のお話です。

大阪ATCホールで開催されたファシリテーションフォーラム2007に参加しました。

会場に向かう電車の乗り換え中に...

ひときわ知的オーラを放つ、お洒落な女性が...

『 あれっ... N先生じゃありませんか... 』

『 あれっ、こむらさん... お久しぶり... 』

という感じで、偶然にも尊敬すべき師匠N先生に出会ったわけです。

会社経営者で社会保険労務士でコンサルタントでコーチであるN先生のお言葉には、何気にヒントが隠されていて、短時間の会話で、私は多くの「気づき」を得てしまうわけで...

これは、朝から幸運に恵まれた!! というかんじの会場への道のりでした。

N先生とは参加する分科会が違っていたので、お別れし...

その後、『 対立を楽しむ議論の進め方 』という分科会に参加しました。

この分科会の内容は、『ザ・ゴール』という小説で有名なエリヤフ・ゴールドラット博士が提唱するTOC(制約条件の理論)の中の1つのツールである、対立解消図を使ったワークショップということで...

実は私は、大阪で開催されているTOCの自主勉強会のユウレイ会員だったりするわけで...

分科会推進メンバーの皆さまには、恐縮しながら名刺交換的な展開で...

その後、チームに分かれて設定したテーマごとに対立解消図を作成。

で、出来上がったものがこんなかんじです。



テーマは、

『 品質を追求すれば、時間がかかる。時間を短縮すれば、品質が低下する 』

というジレンマをいかに解消するかという深遠なものでした。

しかし...

これがまったく... どういうわけか... このジレンマがみごとに解消されてしまうわけで...(TOCおそるべし...)

なぜ、解消されてしまうかというと...

そこにはやはり、当ブログでも何度かお話していますが、いわゆる思い込み(=メンタルモデル)というものに気づくことによって、解消されてしまうわけです。

アクションラーニングでは、場づくりと質問とリフレクションによって、既存のメンタルモデルを浮かび上がらせるという効果がありますが、

TOCでは、対立解消図のヴィジュアル効果によって、既存のメンタルモデルを浮かび上がらせるということなのでしょう。

ある意味、ALとすごく共通してるなぁ〜と深く感心した次第です。

というわけで、大阪では多くのすばらしい出逢い、再会があり、多くの学びや気づきがありました。

お世話になった皆々さま、深く感謝いたします。

PS.
N先生の会社のホームページはこちらです!! → 有限会社e-team


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

報告型の会議じゃない、問題解決のための話し合いの場をつくりましょう!

と言い続けてきたのがよかったのか...

最近では、「テーマを決めて話し合ってます...」的なお話を耳にします。

でも同時に...

「意見が対立して、なかなか合意形成に至らないんですよ...」

というお悩みも聞こえてきます。

そんなお悩みに対して、私はいつもこんな質問をします。

「お話し合いにホワイトボードを使ってますか?」

すると、ほとんどの場合、

「あっ、そう言われると、使ってません。」

というこたえが返ってきます。

では、ホワイトボードを使うとどんなよいことがあるかというと...

]辰傾腓い離廛蹈札垢ヴィジュアルとして理解できる。
▲瓮鵐弌爾亮臘イ鮴依することで、同意できる部分、できない部分が明確化される。
L簑蠅鬟凜ジュアル化していくことで、隠れている根底の問題が何であるか分かりやすくなる。
ぅ瓮鵐弌爾ホワイトボードを見ながら話し合うことで集中力が高まる。

などがあります。

話し合いが膠着状態に陥ったり、主張の堂々巡りで、論点が定まらない時、ホワイトボードは、とてつもない力(言い過ぎではない...)を発揮します。

ぜひお試し下さい。


ランキング下がり気味っす! 頑張れ!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

最近は、福祉施設でもチーム活動が活発になってきているようである。

でも、こんな会議やチーム活動は嫌だ!

・一部の立場の強い人の意見だけが通ってしまう会議
・○○部長の自慢話が延々と始まってしまう会議
・誰もが自己主張ばかりで全然まとまらない会議
・新しい提案をしたものが損する(責任者にされてしまう)会議
・シャンシャン(もうすでにストーリーが決まっている)会議

こんな会議をやってると、次のような悪循環が生まれる。

「会議で決まったことが、いっこうに実行されないよね...」
       ↓
「誰かがやってくれるんじゃないの...」
       ↓
「どうせいつもこうなるんだよね...」
       ↓
「会議なんてやるだけ無駄だよね...」


こうして組織に無気力、無関心が蔓延してしまう。


この際、変えましょう! 会議のやり方。

会議のやり方を変えてみると、驚くほど仕事が楽しくなる。

リーダーの皆さんには、ぜひファシリテーターになっていただきたいと思う。


以下、お薦め本です。


今すぐできる! ファシリテーション
今すぐできる! ファシリテーション
堀 公俊


人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス・ローレンス,ジョゼ・モウリーニョ

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM