一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

3月6〜7日は広島と山口へ出張。

中国地方での初仕事であった。

ひろしまNPOセンターさんが実施する「ソーシャルビジネスネットワーク大学中国キャンパス」の講師を務めさせていただくことになったのだ。

で、そのきっかけをつくってくれたのが、山口県光市でNPO法人の理事長をされているIさんである。

Iさんは、当ブログの古くからの読者で、いつか機会があったら小村の話を聴いてみたいと思っていてくれていたそうであり...

そんなふうに思ってくれた方々がいるということが、とても嬉しいことであり、繋がりって素晴らしいなぁと思う。

今回のワークショップのテーマは、ソーシャルビジネスの経営者対象ということで、「非営利団体の組織づくり」

SFやTAやNLPを取り入れた内容でのぞんだところ、受講者の皆さまの学ぶ姿勢がとても素晴らしく、常に笑いがたえず...

そして、内面を安心して表に出せる場づくりができたためか、感動の涙の場面もあり...

とても楽しくて、充実した時間を過ごすことができた。






Iさんはじめ、受講生の皆さま、Iさんの事業所スタッフの皆さま、お会いできてよかったです。

ありがとうございました。

そして、ひろしまNPOセンターのMさん、2日間とってもお世話になり、ありがとうございました。


出会いは最適なタイミングで訪れる、それは早すぎることも遅すぎることもない。
 ※昔読んだ本に書かれていた言葉(誰の本だったか忘れた!勝手に引用してコメン!)


まさにそうだ。

もちろん最近は、(素案)でなく新会計基準(案)の研修をしています。

でもそのうち、正式なのが出るんでしょうけどね。


先日行われた、福祉協会さんの総務部会では、午前の部が新会計基準のお話、

午後からは初企画、「事務処理最適化・情報共有ワークショップ」というのをやりました。


で、不思議なことがありました。

事務担当職員の皆さまに、仕事をしていく上での理想の未来像を描いたもらったところ、

出てきたのが、

笑顔があふれる職場、みんなが協力し合う職場、コニュニケーションが素晴らしい職場、

などであり、

事務処理最適化というよりも、組織や人のつながりをもっとよくしたいという強い思いが、ワークショップによって表面化してきたのです。


これは私も思いもよらないことであり、


だけど、わかるなぁ... 事務処理最適化も重要だけど、組織や人の問題はもっと重要なのかも。


皆さま長時間、お疲れさまでした。


それにしても、ワークショップは皆さんが楽しそうでなによりでした。







高知での研修会2日目は、組織づくり、人づくりについてのお話。タイトルは、

「職場をもっとよくする方法〜組織活性化・人材育成の成功事例集〜」






実際、理論をお話しするよりも、成功事例をお話ししたほうが、楽しいし、説得力があるし、参加された皆さまも、応用しやすいですよね。

今回は多くの時間を割いて、ソリューションフォーカス実践コースで共に学んでいるYさんの成功事例をお話ししました。

F工業Y課長の職場改善の成功事例はとても好評でした。製造業であれ福祉施設であれ、中間管理職の方々が持つ課題、悩みは共通しています。

組織や人の悪いところ、改善すべきところではなく、よいところ、よいアイデアや工夫に焦点を当てたY課長の取り組み、周りを変えようとするのではなく、自分を変えたY課長の姿勢に、多くの方々が共感を持ってくれたようです。

Yさん多忙な中で、貴重な資料を提供下さり、本当にありがとうございました。





研修会にご参加いただいた皆さま、たいへんおつかれさまでした。

2日間、本当にお世話になりました。感謝感謝です!



1月14日〜15日に開催された、高知県身体障害者施設協会様と社会就労センター協議会様の合同研修会に、講師としてお招きをいただきました。

14日は、分科会の事務部会で、新会計基準(素案)についてお話をさせていただきました。





新会計基準(素案)については、研修でお話をする機会が多くなるにつれ、私の頭も整理され、重要なことと重要でないこと、多くの施設に関係してくること、全く関係ないであろうことが、はっきりしてきました。

たとえば、「新しい会計手法の導入」というのがありますが、

実質、関係してくるのは、ワンイヤールールくらいのものです。

なので、「リース会計とか、減損会計とか、退職給付会計とか、これからは本当に難しくなりますよ!」などと言って危機感を煽る会計の専門家がいるとすれば、それはフェアじゃないと思うな。


それはさておき、

研修会初日終了後は、夜の部交流会で、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。

やっぱり、高知の方々って、

お酒あっての人生...であり、

酒好きの私としては、なんて素晴らしいことなんだ!

と、その半端ない飲み方を尊敬してしまうわけですが、

残念ながら、翌日は午前中に大事な研修をひかえているということで、

早めに失礼させていただきました。


事務部会にご参加いただいた皆様、たいへんおつかれさまでした。

そして、いろいろとご配慮をいただいたS事業会の皆様、ありがとうございました。


2日目の模様は次回!



高知では、少し観光もしつつ...

紅葉も美しく...


 



龍馬の雰囲気も味わいつつ...






四国の方言講座 

『 あるじゃないか 』 という言葉を、

徳島弁で言うと、

『 あるでないで 』

高知弁で言うと、

『 あるがじゃないが 』


ちなみに、『 ないじゃないか 』 だと、

『 ないでないで 』

『 ないがじゃないが 』

となる。


文字にしてみると、おもろいよね。




高知編は、クライアントさんと、そのお仲間の法人の皆さまと、少人数こじんまりセミナーということで、アットホームな雰囲気で実施。

マイクなしで3時間レクチャーしましたが、さすがに最後の1時間は少し疲れ気味。





疲れ知らずで7時間セミナーした頃がなつかしい。

走っているので足腰は大丈夫だとしても、声を出すエネルギーが切れてくる感じ。

年齢のせいにしてはいかんぜよ!

もっと頑張らんといかんきね!



県福祉協会さん総務部会には、約50名の事務方の皆さまに参加していただきました。

新会計基準に対する関心は高いですね... ってあたりまえか。







第1回目ということで、どうしても主な改正点の概要的なお話になってしまいました。

次回(2月)は、もう少し深いお話をしますよ。




11月は新会計基準(素案)をテーマにしたセミナーの予定が入っています。

徳島では、福祉協会さんの総務部会で11/5に講師を務めます。

高知では、クライアントさん主催で、少人数こじんまりセミナーを11/15に実施予定です。


というわけで、ここ2週間ほど、空いた時間はすべて資料作成に費やしていました。

で、やっと完成!






実際に資料をつくってみて、やっと全容がつかめた気がします。


結局... 新しい会計手法は、あまり関係がない... 

しかし、財務諸表の様式、内部取引の相殺消去、注記事項、附属明細書...

このあたりが決して容易ではない気がします。


時間があればブログでも採り上げますね




博多の次は熊本。


は〜るばる来たよ熊本〜♪ (JRと新幹線で〜♪)


社会福祉法人明徳会
さんの職員研修会に講師として招かれる(今回で3度目)。

明徳会さんは、創設から6年という若い施設である。スタッフの皆さんも若い。

そしてその若さを強みにしている。

若さ、新しさは、センスのよさと言い換えることができる。

経営という視点でいうと、センスのよさは、=マーケティング力につながる。

施設の概観、施設内部の設備、色の統一感、清潔感、明るさ、あたたかな雰囲気、おしゃれなホームページ...

これらは、マーケティング理論における、顧客視点、統合化志向の実践に他ならないのではないか。

入所希望の方(いわゆる待機者)が多いというのも納得がいく。



もちろん、福祉施設が全体最適化を実現するために必要なのは、マーケティング力だけではない。

人のちから、組織のちからが、何よりも大切である。

創設以来、理事長さん、施設長さんは、よい人材を育てること、よい組織風土をつくることに真摯に取り組まれている。


私はその真摯さに対し、期待以上のものを提供することでこたえなければ...

と思った。


明徳会さんらしさ、強み、をさらに引き出して、運営理念につなげていくワークショップをどうすればできるだろうか...

それを、考え抜いてプロセスデザインしたのが、

SFA(ソリューションフォーカスアプローチ)の枠組みに、こむら流雑談型ダイアログ手法を取り入れたワークショップ。





真面目な話を、楽しく雑談するような雰囲気で対話し、アイデアを引き出し、最終的には質の高いアウトプットをつくりあげていく。

講師としても、楽しくてドラマチックなプロセス、そして期待以上のアウトプットに、とても感動しました。


スタッフの皆さん、本当に皆さんは素晴らしかった

この成果は講師のちからではなく、みなさんのちからです。

ありがとう。


理事長さん、施設長さん、スタッフの皆さん、たいへんお世話になりました。

またいつか、楽しいワークショップやりましょうね



PS.
研修の模様は明徳会さんのスタッフブログめいとく日和でも採り上げられました。


PS.
めいとくの里手作り工房MEI CRAFTの製品をプレゼントされました。
センスがいい素敵なものばかり!










新型インフルのことがあり、長く延期していた福祉・医療「学習する組織」研究会。

思いも新たにSeason2としてスタート!


『久しぶりだけど、皆さんどうされてました?』

という質問に対し...


国家資格を取得した人 (おめでとう〜!)

子供が生まれた人 (おめでとう〜!)

婚活コンパがイマイチだった人 (残念〜!)

出世した人 (おめでとう〜!)

子育て満開な人 (がんばれ〜!)

そして... 恋愛が○○○○○○な人 (微妙...)

など...

近況報告が盛り上がってしまい、それだけで1時間経過。




それにしても、

僕は幸せを感じるわけですよ。

なぜって...

みんな、

こんなに笑顔があふれてるのだから。












PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス・ローレンス,ジョゼ・モウリーニョ

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM