一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

就労支援事業会計処理基準なんて、簡単です!

だとか言ってしまうと、現場で奮闘されておられる会計事務担当の皆さまに怒られますね。(ごめんなさい)

確かに、就労会計基準を適用しなければいけなくなると、事務処理は煩雑になります。

でもでも... ツボを押えれば、決して難しくないのです。

そう! 煩雑だけれど、難しいわけではないということです!

その証拠と言ってはなんですが...

先日、ある県の施設さん(H20年度から就労会計基準適用)から依頼を受け、施設に直接伺って、就労会計基準の研修会を実施してきました。

具体的には、

参加者:会計事務担当職員さん2名 サービス管理責任者さん1名 計3名
時 間:約4時間( マンツーマン的というか、家庭教師的に実施 )
内 容:就労会計基準の基礎知識
    就労会計基準の応用(財務諸表のつながりを理解する)
    会計ソフトを実際に使って仕訳入力をしてみる
    試算表を出力して、試算表、明細表のつながりを実際に確認する

というプロセスです。

で、参加された皆さまのご感想はというと...

『 これまで過去に、就労会計基準の研修会に2度参加しましたが、難しい用語が出てくるし、製造原価がどうだとか、解らないところだらけでした。でも、今回の研修を受けて、確かにツボを押えれば、難しくないということがわかりました! H20年度から適用で、不安だらけだったのですが、これでやっていけそうです! 本当によかったです! 』

何だかすっかり、手前味噌なお話になりましたね。そんなつもりなかったのに、まったくほんとに申し訳ありません。

でも、私としても、正直なお話、不安感いっぱいで困っておられる事務方の皆さまが、たくさんおられるのではないかと思うわけであり...( 体が3つあれば、日本全国飛び回ってもよいのですが... )

で、とにかく、今、私の最大限できることといたしまして、

当ブログで、就労会計基準のツボをお話してみようかと思います。

というわけで、次回から、やります...って...

こんな(手前味噌まで入れた)前フリして、内容が大したことなかったらどうしよう... って、まあ頑張りますよ!


人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!ジョギング

10月から国保連へ請求することになった、障がい関係施設事務担当の皆々さま、

請求業務おつかれさまでした。(たいへんでしたねほんとに...)

でも、世の中は厳しいもので、ホッとしている場合ではないかもしれません。

ご存知のとおり、自立支援費収入は2ヶ月遅れの入金になります。

ということは、10月に請求した9月分の自立支援費は11月の入金になります。

で、問題は...

もし、入金が11月下旬になったならば、どんなことが起きるでしょうか?

自立支援費収入の入金がないまま(利用者負担金は別として)、10月と11月の支払いをしないといけなくなるわけです。

積立金等で、資金の蓄積がある場合は、繰替使用でなんとかなりますが、

〇楡濱鞍などで、資金の蓄積を使い果たしてしまっている場合
∩論澳屬發覆せ楡澆如∋餠發涼濱僂ない場合
事業の特性により、そもそも資金の蓄積がない場合

などの理由で運転資金が不足している施設もあるはずです。

順調にいって、11月15日までに入金になればよいのですが、やはり今後は、請求ミスやソフトの不具合などのリスクに対し、準備しておく必要も出てきます。

というわけで、今後はいわゆる資金繰りという業務が、会計事務担当者にもとめられるわけです。

で、資金繰りのためには、資金繰り表なるものを作成して管理すればよいのですが、

具体的にどうすればいいかというと...

本当にぶっちゃけた話をすれば、

資金繰り表 = 未来予想通帳

なわけです。( おおおっ、ドリカム的! われながらイイかんじのネーミング! )

未来予想通帳とは何かというと、

目の前に預金通帳があるとします。

基本的に、今日記帳すれば、10月25日までの入出金が記載されています。

で、未来予想通帳とは、明日以降の入出金を予想して記載するわけです。

現実には、通帳に勝手に記載すると銀行に怒られるので、エクセルシートで作成するわけです。

【以下例】
10/25 預金残高 1,000万円
10/31 利用者負担金入金 10万円   残高 1,010万円
10/31 業者支払い 250万円  残高 760万円
10/31 社会保険引き落とし 100万円 残高 660万円
11/10 業者支払い 150万 残高 510万円
11/20 給与 500万円 残高 10万円
11/25 自立支援費収入 1,500万円 残高 1,510万円

いやぁ〜、通帳の未来の出入りを予想してみましたが、あぶなかったですね。資金ショートすれすれでした。

でも、問題はここからです。

【続き】
11/30 利用者負担金入金 10万円   残高 1,520万円
11/30 業者支払い 250万円  残高 1,270万円
11/30 社会保険引き落とし 100万円 残高 1,170万円
12/10 業者支払い 150万 残高 1,020万円
12/10 賞与 1,200万円を支払うお金がありません!!

このような事態が生じる可能性もありますね。

というわけで、資金繰りは、損益とか、資金収支とか余計なことを考えず、単に通帳の記載の未来を予想してやればいいのです。

借方科目が「預り金」だから、支出じゃない...とか、
未収金が入金されたのは、前月分の収入だから..とか、

そんなふうに考える必要はありません。

月次損益とか、月次資金収支とか、無視して、通帳の未来を予想して下さい。

そして、仮に通帳にお金がなくなる可能性があるならば、早めに上司に相談しましょう。

銀行で通帳記入したら、お金がなかった的な、そんな笑えない冗談にならないように。


おかげさまで、上昇中!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

現場のリアルの真っ只中にいる私たちからすると、

本当にこれを使う(利用する)立場の人たちのことを考えてくれてるのかと、

思わずグチりたくなったりもします。

会計の基準なんかもまさにそうなんですけど...

でもまあ... グチを言うのはやめて、

改善していただきたいところを提言するという感じでお話をすすめたいと思います。

で、会計の基準というのは、もちろん「就労支援事業会計処理基準」のことです。

先日、クライアントさんで会計ソフト(就労支援版)を試運転中に気づいたのですが..

例えば、ある事業所で、就労継続支援B型の事業としてコーヒー豆を仕入れて販売するという事業(コーヒー豆には手を一切加えない)を行っていたとしましょう。

この事業は製造事業ではなく、仕入販売しているだけなので、コーヒー豆を仕入れた時の取引の仕訳科目として、製造原価明細表の「当期材料仕入高」を使用することはありません。

もし、このコーヒー豆の仕入れ価格が1,000円であったとすると、仕訳は

(借方)当期製品(商品)仕入高 1,000 / (貸方)預金 1,000

となります。

しかししかししかしですよ...(3回もしかし)

会計ソフトには、「当期製品(商品)仕入高」という勘定科目がないのです。

(というか、なかったのです。)

なければ、新規に設定すればいいじゃない! とおっしゃる方もいるでしょう。

私もそう思いましたから...

しかしですよ...

どこに設定しますか???

会計ソフトのシステムは、授産事業版もそうであるように、

○○経理区分→○○事業区分→○○事業支出→製造原価明細表→○○費

というプロセスを経て入力すべき勘定科目を選択します。

今回のコーヒー豆の場合

就労支援事業経理区分→就労B型事業区分→コーヒー豆販売事業→販管費明細表→

とここまできて... あれ? 勘定科目がないよ? あっ、そうか、販管費の中に仕入高があったらおかしいよね... でも、じゃあ、一体どこにあるの??

ということになるわけです。

(※ちなみに、「当期材料仕入高」は当然、製造原価明細表の中にあるので、このような問題は生じません。)

では、ということで出てくるのが「就労支援事業別事業活動収支内訳表」です。

この表を見ると、確かに「当期製品(商品)仕入高」という科目があるように見えます。

しかし正確には、

「当期就労支援事業製造原価及び当期製品(商品)仕入高」という科目です。

この科目というのは、及びという言葉からも分かるように、2つの金額が集計されます。

‥期製品(商品)仕入高(決算処理後は販売原価)
当期就労支援事業製造原価(製造原価明細表の最下部の金額)

以上の2つの金額です。

2つの金額が集計されるって、何だかややこしいってことで...

それならば、その小科目として、「当期製品(商品)仕入高」という科目を設定すればいいじゃない、と思い、チャレンジしてみたものの...

今回試運転した会計ソフトには、「当期就労支援事業製造原価及び当期製品(商品)仕入高」という勘定科目自体が存在しないということで、

結局、小科目設定も不可能という結果に終わったわけです。

というわけで、ソフトメーカーに対して、バージョンアップの要望をしなければならないわけですが...

これがまた...

正確に話が伝わるだろうか...??

とも思うわけで...

で、「就労支援事業会計処理基準」の(別紙2)事業活動収支内訳表の様式なんて見てみると...

ただ単に、

就労支援事業支出
 ○○事業支出
 △△事業支出

とあるだけで...

まったく、使う人たちやシステムを構築する人たちのことを、考えてよねっ!!

て、やんわりグチを言いたくなったりするわけです。

でも、きっと、これらの問題もきっちりクリアしてくる会計ソフトメーカーもあることを秘かに期待して、

本日の長い長い、理解しにくいお話を終えたいと思います。


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!



今日は4月から「就労支援事業会計処理基準」を適用しているクライアントさんへ訪問しました。

先日、就労支援バージョンの会計ソフトへのデータコンバートがやっと終了されたようで、本日は部門や勘定科目の初期設定及び19年度開始残高設定の確認が主な仕事です。

はっきり申しまして、社福会計ソフトというのはどのメーカーのものもイマイチです。

不思議なもので、私の財務支援の仕事のうち、25%くらいは、ソフトの不具合や初期設定の間違い探しであるといえます。

(仕訳の間違いよりも、ソフト絡みの間違いのほうが多いわけです。)

(請求書をクライアントさんではなく、会計ソフトメーカーさんへお送りしてもよいくらいですね。おっと、こんなこと言うとまた怒られますね...)

実際、初期設定と確認作業だけで1日がかりの業務となりました。

しかし... 今日の作業の重要性は計り知れません。

会計単位、経理区分、事業区分の開始残高、就労支援事業収入・支出の部門設定及び科目設定をきっちり行い、試算表(3表)におかしいところはないかを確認する。

これをクリアしてはじめて日常処理がスタートします。

会計担当Yさん本当にお疲れさまでした。就労支援事業会計については、検討課題が今後もいろいろと出てくると思われますが、前向きに、主体性を発揮して頑張りましょうね!!


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!




指導指針の改正通知(老計発第0706001号)をじっくり読みました。

制度改正によって、会計担当者の業務は益々煩雑になりますね。

会計ソフトの勘定科目設定だけでも、ひと苦労ですね。

しかし...

この「他会計区分長期貸付金」って...

すごいですね...

う〜む・・・ 言葉もないっす...(笑)


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

わおおおお....(笑)

今日も徹夜ペースびっくり!!!

大丈夫、大丈夫。

大阪行きの高速バスの中で寝ればいいんだ。

涼しい顔、涼しい顔嬉しい


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

てなわけで...

涼しい顔で楽しく徹夜してまっす...

財務資料見まくり中!

で、今日(もう今日だよね)の予定は...

ええっと...

香川でした!!

高速道路で居眠り運転しないようにしなきゃ...

ブルーハーツのライブ盤を大音量で鳴らして行くしかないか...

少し寝て、がんばろう!!


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

決算業務も大詰めです。

というか...

最後の大波が来ています。

さすがに今日は徹夜かなぁ〜。

涼しい顔をして楽しく徹夜しようっと。

さあ、ばばばば〜んと片付けて...

週末はアクションラーニングとファシリテーションの勉強のため大阪に出張しまっす!


頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

今日は就労支援事業の会計のお話でっす。

平成13年3月29日に出された社援保発第23号通知においては、

『 授産施設は、(1)の考え方により、原則として剰余金は発生せず、資金収支計算書及び事業活動収支計算書において「授産事業活動収支差額」は生じないものであるが... 』

という(有名な)文言があります。

当ブログにおいては、何度も述べておりますように、現実問題としては、

事業活動収支計算書には、「減価償却費」や「国庫補助金等特別積立金取崩額」、「たな卸資産増減額」という非資金取引が計上されるため、

資金収支計算書の「授産事業活動資金収支差額」をゼロにすれば、必ず、

事業活動収支計算書の「授産事業活動収支差額」はゼロとはならず、

反対に、

事業活動収支計算書の「授産事業活動収支差額」をゼロにすれば、必ず、

資金収支計算書の「授産事業活動資金収支差額」はゼロにはならないわけです。

当たり前の話です!!

というわけで、通知の文言はどうあれ、現実問題として、これまで多くの授産施設さんは、行政の指導のもと、

資金収支計算書の「授産事業活動資金収支差額」をゼロにするか

あるいは、

資金収支計算書の「授産事業活動資金収支差額」と同額を「授産工賃平均積立金」等の積立金に計上し、

福祉事業の資金とは明確に分けて処理をしてきたわけです。

で、今後これがどうなるかというお話は以前に述べましたので、今日はやめときますね。

(詳しくは2006.10.18『就労支援事業の必要経費とは?』をご覧下さい)


で、最近困ったことが発生しました。

私のクライアントさんで、就労継続B型事業に移行され、19年度から「就労支援事業会計基準」を適用予定の施設さんがおられます。

で、18年度決算会計処理において(18年度は授産基準適用です。)、

資金収支計算書の授産事業の剰余金(=「授産事業活動資金収支差額」)を授産工賃平均積立金に計上しようとしたわけです。

仮に上記剰余金が50万だとすると、その50万を決算処理として、一度授産工賃平均積立金に積むわけです。

但し、19年度の会計処理において、利用者さんへの工賃の支払日に、これら授産工賃平均積立金の一部を取り崩して、工賃を支払います。

要するに、一旦積み立てるんだけれども、すぐ工賃支払日が訪れるので、すぐ取り崩すわけです。

これは何を意味するかというと、

福祉事業同様、授産事業(就労支援事業)にも運転資金が必要というわけです。

で、しかしですよ...

来年度(19年度)は「就労支援事業会計基準」適用です。

就労支援事業会計基準には

『なお、保障すべき一定の工賃水準とは、過去3年間の最低工賃とし、これを下回った年度については、理事会の議決に基づき工賃変動積立金及び工賃変動積立預金を取り崩して工賃を補填し、補填された工賃を利用者に支給するものとする。』

という文言があります。

ということは...

もし、19年度が過去3年間の最低工賃を上回った場合どうなるのでしょうか...

積立金を限度額の範囲内で積むことはできても、取り崩すことはできないということになるのでしょうか...

まあ、会計基準の文言をどう解釈するかについては、今後出るであろう解説本にお任せするとして...

とにかく18年度決算においては、資金収支計算書ベースで運転資金としての剰余金を残すことにしました。

但し、福祉事業の資金と明確に分けるため、貸借対照表のの現金預金に補助科目をきっちり設定しています。

流動資産
 現金預金
  小口現金
  普通預金(福祉事業)
  普通預金(就労B型)

というかんじです。(当たり前か...)

実際問題、現場は、会計の理論どおりにはいきませんよね。


会計のご担当者の皆さま!!

決算頑張りましょうね!!

もうひとふんばりですよ
グッド



PS.(念のため)
今回の投稿はあくまで個人的見解です。当ブログに掲載された情報を利用されたことによる責任は負いかねます。



頑張れ!! ランキング!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!

熊本へ出張する日(3/17)の午前中、授産協さんからのご依頼で「就労支援事業会計処理基準」について2時間お話をさせていただきました。

「ざっくばらんにお話をさせていただく」というのが、ご依頼をお受けしたときの条件だったため、とにかく双方向のコミュニケーションを心がけ、そして、この「処理基準」の問題点についても、しっかりご説明させていただきました。

「製造原価明細表」と「販管費明細表」が、どのように「就労支援事業別事業活動収支内訳表」に繋がっていくかという点については、以下の図を利用して説明しました。



調子に乗って、処理基準のルールの中で、「いかに手を抜くか」的なお話もしましたが...

でもまあ、クライアントさんで4月から適用するところもありますので、

頑張ってやりますよ。

もちろん会計ソフトはあてにしてません...

さあ午後から、高松→岡山→博多経由で熊本へいざ!!


ランキング下がり気味っす! 頑張れ!! 上がれ!! ジョギング

人気ブログランキングに登録しています!どうか皆さん1日1回ポチッと応援を!


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス・ローレンス,ジョゼ・モウリーニョ

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM